土地探しも山梨県北杜市の工務店「高橋建築舎」へ

コラムCOLUMN

いい土地探しのコツ

いい家を建てる工務店は見つかった。じゃあ次に必要なのは?
もちろん土地(地面)ですね。
良い土地を見つけるというのは、いい家を建てるのと同じくらい難しい・・・マイホームは一生に一度のビッグな買い物。それこそあなたの人生と命を賭けての買い物です。

失敗は許されません

家を建てる土地にもこだわるために、しっかりとした情報収集が必要です。宅地建物取引業も営む当社では家づくりを考える方のために、不動産屋さんとしてだけではなく家を建てるという面から土地を観察してアドバイスしています。ここでは業界営業マンが教えない、裏面を公開しましょう。

良い土地情報は、なかなかあなたの手に届きません!インターネットや住宅雑誌が盛んになり、いろいろな情報が簡単に手に入る現在でも、です。 なぜでしょうか?

実は、不動産の商売方法に秘密が隠されているのです。よく不動産は両手・片手の商売という風に例えられます。「両手の商売」とは、売主さんからも買主さんからも仲介手数料をもらうことです。「片手の商売」というは、売主さんか買主さんのどちらか一方しか手数料をもらわないことを言います。

とにかく、不動産業者にとって、一番儲かるのは当然「両手の商売」なのです。 ですから売主さんから土地や住宅を「売ってください!」と依頼を受けるとその業者は「売り物件情報」をできれば他の業者に公開しないで自分だけで売りたいわけです。

いい物件はなかなかオープンにならないし、お客様にご紹介・提案することが難しくなるわけです。 また、不動産の営業で一番苦労なのは、なんといってもこの売り物件の情報収集なのです。不動産免許さえ受ければ誰でも営業できます。でも、売るものがなければ商売は成り立ちません。

そこで、「いい物件をください」と業者廻りをするわけです。個人敵な人脈や縁故を通じて入手することもあります。結果として、土地をお求めのお客様がこうした隠れた情報を手にするには、「強力パイプ」を持つ業者を探すか、土地の選び方を知っている人に教えてもらうしかないのです。

もちろん、私共は家を建てるプロですが、土地選びまでトータル的にサポートさせていただくことも数多くございます。なぜならばどういう土地にどういう家を建てるといいかということがわかっているからです。土地を見ただけではイメージがつかめないとおっしゃる方が多いのも事実で、経験の少ないお客様としては当然のことです。
もし土地選びでお困りでならば、一度、お気軽にご相談ください。

コラム

お問い合わせ

ページトップへ